測量はどんな事をしている?

測量の言葉の意味は広辞苑では、「1.器械を用い、物の高さ、深さ、長さ、広さ、距離を測り知ること。2.地球上の各点相互の位置を求め、ある部分の位置、形状、面積を測定し、かつこれらを図示する技術」とあります。

また、測量法における測量の言葉の定義は「土地の測量をいい、地図の調製及び測量用写真の撮影を含む(測量法第3条)」とあります。

測量には実は、いくつかの種類があり、基本測量、地形測量、写真測量、応用測量等がありますが、みなさんに身近な測量としては、現地測量(現況測量)と用地測量(境界確定測量)ではないでしょうか?

測量の歴史は古く、古代エジプトの時代から行われてきたとされていて、日本では西暦700年頃には、班田収授法(田を人々に分け、収獲から祖を徴収する法)や豊臣秀吉が行った太閤検地など、時の権力者である政府は必ず土地を測量し、年貢の徴収などで使われてきました。

また、伊能忠敬が、西暦1800年頃に、日本地図作成のため、全国で本格的な測量を行ったことについては、多くの方が知っておられる出来事です。

現在の測量の技術を使った我々の仕事は、都市や街を造るために土地の広さや起伏を測ったり、位置関係を明らかにしたり、地図を作ったり、道路や河川の計画を実施したりすることを目的としています。

現代の測量機器は飛躍的に進歩し、GPS等を使用し世界基準の「座標」と呼ばれる数値によって、さまざまな場所が測量されています。 作業は基本、2人1組でTS(トータルステーション)と呼ばれる機械を使うことが多いです。たまに道路の脇で三脚に大きな機械を乗せて、作業を行う風景を見られたことはあると思いますが、あれが測量をしている作業風景になります。最近では、ドローンとGPSを連動させ、地上の広範囲を写真撮影し、GPSのデータを使って地図を作成する方法も行われています。 TS(トータルステーション)は、測量機器買取店で多く見かけますね。

どのような時、測量が必要になる?

用途に応じて観測方法や使用機器は変わってきますが、土地を何かしたいとなると測量が必要となってきます。例えば建物を建てたいと思えば、家を建てる土地の面積や形を測量しなければなりません。 他に例えば、道路を造る、橋を架けるといった事業であれば、その土地がどのような地形をしていて、どれくらいの広さがあるのかを把握しておかなくてはなりません。意外と身近なところで測量が行われ必要となっているのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク